Jヴィレッジ
波立海岸ビデオ
観光地図
 リンク集
   トップページ    施設案内    宿泊プラン 予約変更 問合せ


Jヴィレッジは福島県双葉郡の広野町と楢葉町の町境に東京電力の支援で作られたサッカーのナショナルトレーニングセンターです。大きなイベントが有る時は、町のキャパを越えて何もかもが不足します。飲み物さえ不足して、ボランティアが仮設販売所を設けた程です。食事、飲み物、宿泊を十分調査、準備して来られる事が必須です。Jビレッジ周辺の地域情報を掲載していますので準備にご利用下さい。

Jヴィレッジホテル棟

Jヴィレッジメモ 公式サイト
サッカー場が12面(スタジアム、屋内付練習場含む)と温泉や温水プールを備えたフットネスクラブ、ホテル棟にはレストランなどもございます。レストランは混み合う時はバイキングなる事が多いようです。手ごろな料金で(1500円程度)美味しく、特にトルシエの命名のマミースイトンは、地鶏の出汁(今も?)でお勧めです。

アクセス・駐車場
常磐自動車道広野ICから10分程度、ICから6号線を越えて真っすぐ進めばJヴィレッジの裏側に出ます。正門側は混雑する場合があるのでこちらが出入りに便利です。敷地内の駐車場は大会関係者が占有しますので、敷地外の臨時駐車場になると思います。多分シャトルバスの利用になるでしょう。必要な物をバックに詰めて運べるような準備が必要です。こここの辺で私の車が見つかるかもしれません。

電車
JR常磐線の特急で、いわき、広野、富岡下車となります。Jヴィレッジへは広野駅からタクシー、又は木戸駅から徒歩、又はタクシー(いないことも有る)、になります。広野は特急の停車本数が少なく、タクシーの台数も限られていますので、いわきから各停に乗り継ぎ、木戸駅下車をお勧めします。乗り継ぎに便利なダイヤ構成になっているようです。仙台方面からは、富岡で各停への乗り継ぎになりますが、乗り継ぎがうまくいかない事が多いので注意下さい。木戸駅からは徒歩約15分です。駅前の道路を線路に沿って南下し、JA直売所の手前を左折して、坂道を登ればホテル棟の前に出ます。

食事・飲み物
とにかく事前準備下さい。Jヴィレッジの中には食料の売店等は有りません。飲料水の自販機のみです。レストランは有りますが、多分混みあって利用できないでしょう。木戸、広野駅も田舎の小さな駅で、食料調達は予定されない方が良いでしょう、写真からご想像下さい。ちなみに近隣で私の愛用は、藪そばホテル棟のレストラン天神岬公園道の駅、さらに3km程に有るラーメン店です。

宿泊
町の中の情緒有る小さな旅館や、オフは湯治場の山里の施設が主体です。絶対量が少なく、時にはいわき市や湯本温泉まで、町から大会関係者を送り込んでいます。大会期間は、近くで宿を探すのは大変困難と思います。又ここには東電工事関係者の下宿宿も多数有りますので、十分お調べになりご利用下さい。町のホームページでも宿泊施設が案内されています。 広野町楢葉町

いわきに来たら海の見える施設へ! 6号国道を南へ車15分、海の見えるシーサイドホテル下川をどうぞご利用下さい。50名様までご利用いただけます。
周辺の主な施設

天神岬公園
温泉、宿泊、キャンプ、レンタルサイクル、テニスなどの総合公園です。太平洋を眺めながら、7つの【温泉】が楽しめる。茶褐色のぬるぬるとした塩化物泉でお勧めです(大人500円子供150円)。手ごろな値段で各種定食が有るレストランと、宿泊施設(1泊2食付2名利用 7000円〜8000円程度)を併設しています。ここの手作りアイスクリームもお勧めです。

道の駅ならは
16種類のバスが楽しめる大型浴場(温泉)です。泉質:塩化物泉 中学生以上/500円・小学生以下/150円。食事もできます。
 
二ツ沼公園
主にお子様用遊園広場と熟年様のパターゴルフに利用されています。温水浴場とレストラン(11時〜14時 うどん、そばや定食類)が有ります。

木戸駅
Jビレッジは、ここから歩いて15分、タクシーもいますが、田園風景を見ながら歩きましょう。
Jビレッジ写真案内



ホテル下川荘  〒 970-0335 福島県いわき市久之浜町田之網浜川3 0246-82-4511